ハスについて

数年前までは内湖一面に咲き、夏の名物としてみなさんに親しまれてきたハスですが、3年ほど前から減り始め、昨年は数えられる程度の花しか咲きませんでした。
今年はどうなるのか。
たくさん問い合わせも頂いていますが、どうやら回復の見込みはなさそうです。
例年ですとこの時期には、小さな葉がいくつも水面に浮かんでいないといけないのですが全く見当たりません。
時を同じくして烏丸半島(草津市)のハスも消滅の危機に瀕しているそうで、直線距離で40km以上離れた場所での同じ状況に何か関連性があるのか、不思議な現象です。
今後ハスが回復するのかどうか専門家でもよくわからないところがあるそうですが、烏丸半島では研究や実験が行われているそうですので、その結果に期待したいところです。