ペットボトル風車の正体

正面駐車場から遊具広場へ向かう途中の階段広場。

ペットボトルを利用して作った黄色い風車が回っています。

何だろう? と思われる方もおられるかもしれません。

実は、「モグラよけ」のために設置したものです。

園内のいたるところにモグラが作った土の小山(トンネルを掘って出てきた土を地上に排出した跡)があって、景観が悪いだけでなく、足を取られて危険なこともあります。

何とかしたいのですが、モグラは土の中で生活し行動範囲も広いため、探して捕まえるというのは容易ではありません。

そこで、写真の風車なわけです。

風車が回ることで、その音や振動が地面に伝わります。

モグラは非常に敏感ですので、ここは何かおかしいぞ、と思ってくれれば風車を設置した付近から離れてくれるというわけです。

風車のある場所から移動するだけですので、またどこかに小山は作られてしまいますが、ここからは出ていって欲しいという場合に効果は期待できます。

手作りで材料代もほとんどかかっていませんので、経済的にもやさしい「モグラよけ」

インターネットで検索すれば、作り方を紹介しているサイトもたくさんありますので、お困りの方はお試しください。