花とみどりのつどい2017

昨日の天気予報では、夕方まで「雨」マーク。
心配された天気でしたが、開始時間までに雨もやみ、スカッとした秋晴れとはいかないものの無事実施することができました。
いくつか準備している企画の中には明日以降に延期できないものもありましたので、まずは実施できたことにほっとしました。

その企画について、昨年までと大きく変わってはいませんが、今年は、「災害用備蓄食糧の試食」を新しく取り入れました。
今日は「みどり」について考えることが趣旨のイベントでしたが、せっかく大勢の方がお越しになるので、この機会を活用したわけです。
滋賀県から提供していただいた保存用ビスケットですが、みなさんから意外に美味しいという感想をいただきました。
賞味期限が5年程度あり、その分味も落ちるのではないかと思われていたようですが、そんなことはありません。
こうした備蓄食糧が必要になる事態にならないことが一番ですが、各自治体ではいざという時の対策はしっかり考えられています。
ただ、十分な備えであるかどうかは災害の規模等によっても異なりますので、各ご家庭での準備もお願いします。

ロードトレイン祭、花とみどりのつどいと続いた公園での今年の大きなイベントは終了しましたが、行楽のシーズンはこれからが本番。
スポーツ、みどりの散策、遊具広場での遊びなどいろんな楽しみを提供いたしますので、是非ご来園ください。